ヘアケアの真実

【脱パサパサ広がり髪】くせ毛を落ち着かす「本当のシャンプーの洗い方」

最近この1、2週間ほどで急に「頭皮が荒れてきた」って頭皮トラブルのご相談が増えてきました。

髪の毛と同じく「頭皮の乾燥」が原因でカサカサ感や肌が赤く荒れる訳なのですが、この時期にもう1度思い出してもらいたい事があるのです。

それが、僕の「くせ毛を手懐ける」って考えの肝にもなっている部分「シャンプーの仕方」です。

以下、過去に解説したブログをリメイクした内容になっていますので頭皮トラブルの多くなってきたこのタイミングで是非、読み直してもらって復習してもらえればなぁと思います♪

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは普段のお風呂場でのシャンプーってどんな感じでされていますか?

  • 割とササっとした感じ?
  • 美容室で教えてもらったみたいにしっかりと?
  • SNSで見たトリートメントを数分置く方法を試している?

サロンの現場でこの質問をしてみると大体この3つの答えが返ってきます。

ちなみにどれも間違い

僕はサロンで初めましてのお客様を担当させてもらう時、必ずこの「シャンプーの仕方」のお話をさせてもらっています。

それはなぜかというと美容室で年数回のサロントリートメント等に力を入れるよりも毎日の365日のホームケアを見直す方が遥かにコンディションが変わるから

ここを見直す事で諦めていた髪の広がりや乾燥ダメージも徐々に改善しだします。

また

モノよりコト

僕がサロンの現場でリアルに感じる事です。

「どんなに良いヘアケア用品でも使いこなせないと最大限の効果を受け取れない

どんなハイスペックシャンプーも、その使い方を知っているのと知らないのとでは結果にかなりの差が出るんですよね。

僕が本当に提供したいものは、シャンプーを紹介して終わりとかそんなんではなくてその使い方やアフターフォローを現役美容師としての経験でサポートする事。

結果、コンプレックスだったご自身の髪が周りに誇れる個性にまで昇華できたらいいなと思っています。

今日はそんな「コト」つまり「正しいシャンプーの仕方」についてのお話です。

理論はスキンケアと同じ

シャンプーの洗い方について」なんて書くとなんだか難しく感じますが、考え方は意外と簡単なんですよ。

サロンの現場でも全く同じお話をしているのですが

「お肌」ってどんな風に洗っていますか?よく濡らした後にちゃんと泡だてて、出来るならたっぷりの泡で洗いましょう。どのメディアや情報を見ても基本はこれですよね。

泡で洗う

ゴシゴシ乱暴に洗ったりしたら傷つきカサカサになるなんて周知の事実ですよね。

では次に、頭ってどうやって洗っていますか?

もう分かる人も多いと思いますが「ゴシゴシ」と洗っていますよね。大半の美容室でも。

これが乾燥やダメージ頭皮環境の悪化の根源

顔の肌と頭皮って境目なく繋がっていて同じ「皮膚」ですよね。つまり頭皮もお肌と洗い方は本来同じなんですよ。

泡で洗う

美髪そして健康で正常な頭皮環境を作るためのシャンプーの仕方はこれです。

ゴシゴシと擦るから必要なはずの油分までなくなり乾燥し頭皮も髪も傷つきやすくなってしまう。お顔で考えると当たり前の事なんですよね。

ちなみにこのゴシゴシ状態だと元々乾燥しやすいくせ毛さんは保湿のヴェールもなくカサカサと広がるのみ。また頭皮も脳が油分が足りていないと錯覚して過剰に皮脂を出すようになっていくため臭いの元抜け毛にも繋がりかねません。

どんなに高性能のシャンプーとトリートメントを持っていてもこの根本を知っていないとまさに宝の持ち腐れだと僕は思うんですよね。

だからモノよりコト派なのです。

シャンプーの性能を引き出し髪を落ち着かす洗い方

では、前置きが長くなりましたが以下がシャンプーの性能を引き出しかつ髪のコンディションを高めていくための僕がサロンでも実際に施術している「洗い方」です。

くせ毛を落ち着かせ健康な髪へと導くシャンプー方法

まずしっかり水洗し汚れを落とします

軽く水気を切る(滴り落ちない程度で大丈夫)

シャンプーを適量手のひらに出し伸ばす

髪の毛先から馴染ませて泡立てる
(効果を上げたい方はこの時に20~30秒の泡パック♪)

ぬるっと感がなくなるまですすぐ

トリートメントを適量、髪の中間から毛先に馴染ませる
20~30秒揉み込むと効果アップ♪)

流し残しがないようにしっかりとすすぐ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとなくイメージできましたでしょうか?文面にすると難しく感じるかもしれませんが要は今までのシャンプーでゴシゴシしていたのを辞めてその時間を水洗(流し)に回す感覚です。

次の項で動画も使ってポイントをあげてみますね。

適量について

シャンプーとトリートメント共に

  • ショートからショートボブで1~2プッシュ
  • ボブから肩ラインのミディアムで2~3プッシュ
  • 肩下ミディアムからロングで3~4プッシュ

が目安となります。写真は2プッシュ分。

※ここで注意点があるのですが

冬場は皮脂の分泌量も減るので同じ量でシャンプーしていると急激に乾燥し荒れてきてしまいます

冬の髪も肌も乾燥してしまう時期はいつもの2割3割ほど少ない量で洗ってください。

今すでに頭皮環境が悪化してきてしまっている人も洗い方と適量を変えれば1週間ほどで改善の兆しがでてきますよ♪

ポイントはここ

上記のシャンプー手順についてポイントを解説してみますね。

最初の水洗

いわゆる「流し」や「すすぎ」の工程ですが、結構パパッと短めに済ましている人がほとんどではないでしょうか?

サロンで聞いていても最初はそういう方がほとんどなのですが「洗髪」の工程の中でこの水洗の役割はもっとも大事な汚れを落とすという事。

そう。ここで不要な皮脂や花粉等の付着物を落とさないといけないのです。

感覚でいうとここでほとんどの汚れを流し落とすイメージ。

お湯シャン等の文化があるように大体の汚れは水洗で落ちます。

シャンプー

ではシャンプーの役割とは?

それは「水洗で落ちなかったもの(スタイリング剤など)を浮かす」ための工程。

浮かす。界面活性剤の力を使って浮かすのがシャンプーの役割。落とすのではないのです。

2度目の水洗

シャンプーで浮かしたものを落とす

トリートメント

シャンプーまたトリートメントに配合される大体の髪に有効な成分は30秒ほどで浸透します。

そのための置き時間。逆にいうとそれ以上置いても特に目に見える効果はないのです。

最後の水洗

入りきらなかった余分なトリートメント成分は残して置いても肌トラブルにつながるだけなので流し落としましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

一連の流れを実際のサロンワークで動画に撮ってもらいました(ちょっと見にくくてすいません)

限定公開なのでこちらのリンクからしか見れませんが、1分35秒頃からが肝となるシャンプー部分になるのでぜひ参考にしてみて下さい。

お顔を洗うのとホントに同じ。

必要な油分は残し要らない汚れは落とす。正常な保湿ができるシャンプー方法をぜひ見につけて下さい。

3週間後のあなたの髪は経験した事のない落ち着きとまとまりが生まれ本来のあなたの髪を見つける事ができるはずです。

今日の夜からすぐに試してくださいね♪

▶︎髪のお悩み気軽にご相談ください♪

ご予約やご質問等お気軽にご連絡ください♪

  • 自分のくせ毛はどう向き合えばいいの?
  • 縮毛矯正を辞めていきたい…
  • この髪にはどんなヘアケアが必要?

あなたの髪の不安やコンプレックス、さまざまなお悩みがあるかと思いますがぜひご相談ください♪一緒に良い方向へ解決していきましょう!

お問合せはこちらから♪

【髪のお悩み相談室】お問い合わせ

続きを見る

LINEからご連絡頂いた方には初回登録時にオンラインショップで使える限定クーポンもご用意しておりますので、こちらもご活用くださいませ。

友だち追加

 

▶︎くせ毛さん専門のオンラインショップ運営しています!

くせ毛専門特化美容師としての活動経験から選びぬいた本当にオススメできる、現場でもリアルに使用している選りすぐりのアイテムだけのセレクトショップです。

入口はこちらから→by Sy OnlineShop

自分のくせ毛を活かしてみたいけど、一体どうしていけばいいのか分からない。何が合うのか全然分からない。そんなあなたはくせ毛のオトモをまずチェックしてみてください♪

 

▶︎【MERAY】大人世代や悩める敏感肌さんに向けた引き算ベースのスキンケア

今のあなたのお肌に特に悩みがない場合はあまり実感はないかも。でも僕のようにアレルギー体質や敏感肌、この先数年後の肌の質を劣化させたくない人には「引き算ベース」のスキンケアの考えが必要不可欠です。

自身で使用してみてスキンケアの考えが大きく変わったプロダクト。もしあなたが今「ご自身の肌に自信がない」そんな場合でしたらぜひご体感ください♪

 

MERAYの詳細や人気の理由はこちらからご確認下さい♪→【MERAY】ミレイ セレクタブルクレンジング

試してみたいなって方には、ここだけのちょっとした優待をご用意してます♪→MERAY セレクタブルキット

 

  • この記事を書いた人
アバター画像

関口 恭章

「くせ毛を活かすカット」と「自然な縮毛矯正」で関西全域ならびに、関西圏外にも髪に悩みを持つ大人女性顧客を持つ京都のくせ毛専門特化美容師。
自身もコンプレックスだった「くせ毛」についてのその体験に基づいた悩みの克服方法をブログで発信中♪

▶︎【お問い合わせ】
ご予約メニューアクセス
▶︎【公式オンラインショップ】
⚪︎Realme by Sy ネットショップ

-ヘアケアの真実