くせ毛の悩みに新常識

くせ毛にブラシの重要性とは?オススメ2選はこれ!

ブラッシングって意外と大事。

ブラシってどうも直毛の
サラサラの人
が使っている
そんなイメージで

くせ毛さんで使われている方は
お話を聞いていると少ないのですが

くせ毛さんにもブラシは
めちゃくちゃ重要なんですよ!

特に

ドライヤー前のブラシ
知っておかないと損する
隠れた意味があるのです。

今日はそんな
ブラッシングの重要性について
お話してみます♪

 

 

髪を梳かす以外のブラシの大切な役割

ブラッシングというと
髪が乾いた状態で梳かす

整えるイメージをされる方が多く
くせ毛さんには無縁のように
感じている人も多いかと思います。

この意味でのブラッシングは
確かにそうで

僕もスタイリングの時には
ブラシは使いませんし
朝のタイミングでは必要ない

そう考えています。

ただ
ブラシの役目って
それだけではないんですよね。

実は隠れた役割が2つあって
1つ目は

乾くのが早くなる

どういう事かというと

ドライヤーをする前に
濡れている状態でブラシ
髪を整えると

絡まりに溜まっていた
余計な水分を切る事ができるのです。

結果、乾くのは当然
早くなるんですよね。

もう1つが

オイルの馴染みが良くなる

1度ブラシを入れて
水気を切って

その後にヘアオイルを馴染ませ
もう1度ブラシで梳かす

そうすると

手で馴染ませるよりも
少量でムラなくカバー出来ます。

仕上がりの落ち着きも良くなる
適量で使用できるため
コスト的にも効果あり。

ブラシへの投資のパフォーマンスは
実はなかなか良いんですよね

知らないのはまさに損ですよね。

 

くせ毛さんにオススメはこの2つ

今回のブラシのお話の肝は
濡れている時に使うって事。

普通の一般的な乾いている状態で
使用するブラシだと
猪毛や豚毛など毛で選びますが

このタイミングのブラシは
オススメする基準が変わってきます。

そこで僕が実際に使用してみて
有能だったウェットブラシ
2つ選んでみました♪

 

デンマン パドルブラシ

デンマンといえばブラシの王道
みたいな感じなのですが
ここのパドルブラシが個人的に1番。

サロンワークや
家で娘の髪に使っているのはこれ。

ナイロンピンなのと
ピン下がクッションなので
全く痛くなく使いやすい。

性能面は次のウェットブラシの方が
優秀でしたが
持ちやすさでこちらを愛用中。

↓↓詳細はこちらのリンクからどうぞ♪

 

 

ウェットブラシ パドルディタングラー

こちらもナイロンピンかつ
クッション性が抜群のパドルブラシ。

デンマンと比べて
こちらの方が髪の絡まりが
解きやすかったです。

裏側にホールがあるため
通気性が良く
清潔に長く使えるのがポイント♪

性能面で考えるとこっちかな。

↓↓詳細はこちらのリンクからどうぞ♪

 

ドライヤー前のブラシ習慣
この機会に身につけましょう♪

 

まとめ

知らなきゃそれだけで損している
ブラシの大事な役割のお話。

すごく簡単な内容だったと思いますが
なかなか重要なポイントなんですよね
ブラシを使うって事は。

縮毛矯正されている方は
今日の2つ以外にも

ドライヤーの最後に
毛先を軽くブローする感覚で使うと
綺麗に水分が抜けて

しっとりしつつも軽やかな質感に
仕上げる事が出来たりと

意外と仕事の幅が広いのです。

もしまだ
揃えてないよって人は
是非この機会に考えてみて下さいね♪

先週の
ドライヤー記事と合わせて読むと

夜の髪周りのモノは
完璧になりますので
こちらも目を通してみて下さい♪

くせ毛さんの後悔しないドライヤーの選び方はここがポイント

ではでは♪

 

お問い合わせ

ご予約お問い合わせはこちらから
▶︎【ご予約とご相談

LINEでもご予約受付中です!

友だち追加

-くせ毛の悩みに新常識

© 2022 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5