縮毛矯正

【京都 四条烏丸】縮毛矯正のボブでパッツンになってない?丸いストレートの肝はこれ「りょうこさん」の髪

縮毛矯正(ストレートパーマ)のボブ。
それも、丸みのある自然なシルエット。

くせ毛で悩まれていたり、
縮毛矯正を特に長年続けている方の
憧れの髪型の1つですよね。

でも実際には、

パッツンおかっぱボブや
散切り頭になってしまったり。

理想とは程遠い状態に
悩まれているんですよね。

毛先にパーマをかけてみても
その部分を切ったら
また元のパッツンに逆戻りしたりね。

でも、
金太郎飴のように

どこで切っても
自然な丸みがでる縮毛矯正も
実は存在するのですよ。

本日のゲスト

ブログからご来店頂いている
「りょうこさん」

前回に初めてお会いして
パッツン矯正ボブを修正したのが
約4ヶ月前ですね。

【自然な縮毛矯正】ショートの矯正(ストレートパーマ)はRアイロンでつくる丸みのある内巻き縮毛矯正ボブが鉄板「りょうこさん」の髪

真っ直ぐすぎる縮毛矯正。 パッツンなストレートヘア。 くせ毛に悩む方の 永遠の課題ですよね。 「できるだけ自然な感じで。」 と言っても、なかなか 理想の仕上がりにはならなかったり。 特に、 ショートや ...

この時に
毛先まで1度矯正をしているので、

今回からは基本的に
根元の伸びた部分のみの
リタッチ施術。

ヘアスタイルも
前下がりのボブにバッサリと
メンテナンスしていきます。

縮毛矯正をかけていると
こういう時によくあるのが

切ったらパッツンとなってしまった。
という問題ですよね。

この問題、
どうにもならないように
思われている方も多いのですが、

全然そんな事もなく、

初めから丸みのあるように
自然な仕上がりで縮毛矯正していれば
なんの問題もないんですよね。

なおかつ、
自然とはいっても
くせのうねりはきちんとね。

縮毛矯正のボブは
ここの技術差でかなりクオリティが
変わってくるのです。

After

もちろん
ノンブロー、ノンアイロンで
仕上がりがこちら。
↓↓

艶とまとまりのある
美しいシルエットの
大人の上品ボブに変身。

根元の部分のみの縮毛矯正でも、
前回に丸みが出るように
あらかじめ施術していれば、

バッサリとカットしても
丸みのあるままなんですよ。

ここで無理くり毛先をいじっても
かえってダメージが出るだけですしね。

縮毛矯正の、特にボブの
美しいシルエットを保つための肝は

その先を考えた施術なのです。

今まで、

思ったようなボブやストレートに
なった事のない方は、

あなたの髪質ではなく、
この部分の問題なんですよ。

本当の理想を叶えて
素敵なヘアライフにしましょうね。

くせ毛の教科書

専門特化美容師の書く
くせ毛の悩むを読んで解決するコラム
こちらからご覧ください。
↓↓
【くせ毛の教科書】

執筆するにあたっての想いも
合わせてお読みください
↓↓
くせ毛の教科書の事

縮毛矯正関連リンク

その他縮毛矯正記事はこちらへ。
あなたにぴったりな
ヘアスタイルが見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-縮毛矯正

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5