縮毛矯正

【京都 四条烏丸】海外スペインのバルセロナから縮毛矯正。日本との差を感じた「よしこさん」の髪

今まで僕のお客様は関西圏
京都、大阪、滋賀、兵庫、
奈良、和歌山。+名古屋など。

ほとんどが国内の方でしたが、

先日、
初めて海外からのご依頼がありました。

ブログやってると
こんなこともあるんですね。

とはいえ、日本人の方ですし
慣れた髪質なので
特に深くは構えていなかったのですが、

髪質以外にも、
その土地の気候や水の違い。

環境が大きく変わるため
それに応じた悩みが
出てくるんですよね。

このへんの事も
これからしっかりと勉強しないと
いけないなと感じました。

本日のゲスト

ブログからのご来店。
「よしこさん」

スペインのバルセロナにお住まいで
帰国のタイミングにご予約頂きました。

色々とお話していると
まさかの地元が一緒だったという
奇跡もありましたね。

よしこさんのお悩みは、

むこうで前回に縮毛矯正をした時に、
あまりくせが伸びなかったという事と

その後、
毛先がバサバサとしてしまい
一部ビビリ毛になってしまった。

というお話でした。

現地の美容室や薬剤事情は
僕は知らないので
何とも言えない事なのですが、

縮毛矯正においては
海外のトラブルは比較的
多いみたいですね。

日本の縮毛矯正は

世界基準で見てもトップレベル
っていうのはよく聞きますが、

実際にお話を伺っていると
けっこう差があるんだなと。

今回に関しては、

一部分目立つところは
出来るとこまで修繕して、

メインは根元をリタッチし
残りは攻めすぎないように
安全策にしました。

徐々にキレイな髪に
入れ替えていくって事ですね。

まとまりにくい毛先は
アイロンのスタイリングで
カバーしていく方向に。

というのも、

むこうは日本の軟水と違い、
硬水のため
バサバサしやすくなるのと

乾燥帯なため
どうしてもパサつきが出てしまう。

なので、無理に修繕して
ダメージを増やしてしまっても
その後、大変になるのでは?

そう思ったため、
ケア方法とスタイリングで対策する。
こっちの方が良いと感じたんですよね。

これならば距離があっても、
困った時はメールやラインで
ご相談頂ければフォローできるので。

After

もちろんノンブローで
アイロンでワンカールスタイリングの
仕上がりがこちら。
↓↓

伸びが甘かった部分は
低負担できっちり伸ばし、
丸みとまとまりが復活しました。

まだまだ
完全な状態ではないのですが、

ここから必ず
上質な髪にしていきましょうね。

今回、
海外の美容室事情や
気候や環境による髪の変化など、

とても勉強になる事が多かったです。

たかが髪ですが、されど髪。
人の印象を大きく左右する部分を
任せて頂いている立場として、

このへんの事情も
ちゃんと深めていかないといけないな。

くせ毛の教科書

専門特化美容師の書く
くせ毛の悩むを読んで解決するコラム
こちらからご覧ください。
↓↓
【くせ毛の教科書】

執筆するにあたっての想いも
合わせてお読みください
↓↓
くせ毛の教科書の事

縮毛矯正関連リンク

その他縮毛矯正記事はこちらへ。
あなたにぴったりな
ヘアスタイルが見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-縮毛矯正

© 2022 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5