縮毛矯正

【京都 四条烏丸】縮毛矯正後の髪質改善。ハイダメージの髪をキレイにするために必要な事とは「まりさん」の髪

傷まないストレート。
ダメージレスな縮毛矯正。

そんな甘い罠にかかってしまい
大きなダメージを負ってしまった。

縮毛矯正を続けておられる方には
そんな経験が1度や2度は
あると思います。

髪の毛という細胞は
死滅細胞といって、
治る事のない細胞であり、

そのため

縮毛矯正しかり、
カラーやパーマなどの
薬剤を使う施術は全て、

ダメージと絶対に引き換えなんですよね。

「傷まない」「治る」
というのは、

今の毛髪科学上、
ありえない話なのです。

ただ、

それでも
キレイにしたいと思うのが
女性の心ですよね。

本日のゲスト

ブログからご来店頂いている
「まりさん」

前回に、

パキッとして、ダメージの大きい
今までの縮毛矯正から
脱出するために、

自然で柔らかい髪を目指して、
まずは縮毛矯正のリタッチを。

これだけでも、
今までの髪と比べて
かなり良くなりましたが、

まだ、
リタッチした範囲以外の部分の
ダメージ問題が残っています。

そこで今回は
この部分のリカバリー。

髪質改善による
髪内部の補強をしていきます。

いわば、
髪のギプスみたいなもので、

擬似的に髪を補強し
これ以上髪のダメージが進行するのを
防ぐ処置ですね。

それと共に、
正しい髪の習慣で
ヘアケアのベースをつくって、

ダメージへの処置と予防を
同時に行っていきます。

これがまりさんへの
髪質改善の目的で、

・無理のない負担の少ない施術
・髪質に合ったヘアケアのベース
・既にダメージのある部分の補強

この三本柱で、
美しい髪へと入れ替えていきます。

After

もちろん
ノンブローで、毛先は軽く巻いて
仕上がりがこちら。
↓↓

髪の芯が出来てきたため
ハリコシが生まれて
ボワつきが収まってきました。

1度傷んだ髪は
2度と治る事はありませんが、

何も手立てがない訳ではありません。

髪の事を知り、
正しく付き合う事で

諦めていた部分が
見えてくるようになります。

色々な事を試すのもいいですが、
まずは「髪」を正しく理解する事から
始めてみるのもいかがですか?

髪質改善関連リンク

その他髪質改善記事はこちらへ。
あなたの悩みと
同じ記事が見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-縮毛矯正

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5