くせ毛カット

【くせ毛を収める】まとまらずはねるのは髪質のせいではない?ポイントは○○にアリ「ゆきさん」の髪

くせ毛さんの悩みの中で、

「広がる」という問題と同じく
「はねる」という悩みの方も
多いんですよね。

「すごくはねやすい髪質で…」
とご相談されるのですが、

実はこの辺は、
髪質はあまり関係なかったりします。

そしてこのはねる原因というのは、
後天的な理由がほとんどで、

1番多いのは、
梳きすぎて
人工的なくせになっている場合。

そしてその次に多いのが
「毛流れ」

要は、
毛の流れ方を読んで手懐けると
案外落ち着いたりするんですよね。

本日のゲスト

ブログからのご来店
「ゆきさん」

髪がくせではねて、
特に後頭部らへんの
まとまりが悪く収集がつかない。

そんなご相談でした。

でも、
よく見てみると、

ゆきさんの本当のくせは、
意外とうねりも強くなく
そこまで暴れるものではない感じ。

では、
なぜそうなるのかと言うと、

1つは、
ペラペラとなった毛先。

髪が軽くなりすぎて
いろんなところに毛先が
出来てしまっているからですね。

もう1つは
毛の流れ方に合っていない。

実はほとんどの人が、

つむじの巻き方によって
左右どっちかの毛流れに
なるんですよね。

海流なんかと同じで、
この流れに逆らうと当然
はねやすくなります。

この2つの原因を解決すれば
ゆきさんの悩みはなくなるのです。

After

もちろん
ノンブロー、ノンアイロンで
仕上がりがこちら。
↓↓

暴れていた毛先が
すんなりとまとまり、
柔らかい雰囲気のボブに変身。

くせの動きが弱くなりましたよね。

ゆきさんの、
本来のくせのうねりは
元々これくらいだったのです。

今回、2つの原因に対して
行った事のポイントは3つ。

1つは、
軽くなりすぎた毛先に
厚みを出して、

必要な重みを取り戻す。

2つ目は、
くせのうねりと毛流れを見て、
収まる位置で切り直す。

3つ目は、
毛流れに逆らわない
ドライヤーでの乾かし方。

この3つ目の乾かし方は
ご自宅で再現するのに
非常に大切な事なのですが、

意外と簡単で、

髪はつむじを中心に
放射線状に生えています。

なので、

この生え方と同じように
つむじの方向からドライヤーを
あてて乾かすという事。

逆に、
この生え方に逆らう、
つまり、

下からあてたり
顔の方向からあてたりすると
全部はねてしまいます。

この辺も、

くせを手懐けるうえで
とても大切な事なんですよ。

あなたもこの
「はねる問題」に悩まれているのなら
1度お試し下さいね。

くせ毛カット関連リンク

その他くせ毛カット記事はこちらへ。
あなたの髪質にぴったりな
ヘアスタイルが見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-くせ毛カット

© 2022 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5