縮毛矯正

【自然な縮毛矯正】ペタンとする猫毛だけどうねりは強いくせ毛さんの縮毛矯正ショートボブ「のりこさん」の髪

細い髪でボリュームが気になる。
でも、くせのうねりは消したい。

いわゆる軟毛のくせ毛さんは、
人とはまた少し違った悩みが
あったりしますよね。

縮毛矯正したいけど、
真っ直ぐなりすぎて
ペタンとするのは絶対イヤだし。

かといって、
くせを活かすのも好みじゃない。

それならば、

自然な感じで
縮毛矯正できれば解決ですよね。

本日のゲスト

ブログからご来店頂いている
「のりこさん」

前回はこちら。
↓↓

今まで、
うねりが強いため
縮毛矯正をすれば必ず、

針金のような
真っ直ぐすぎるストレート
なってしまっていて、

傷みも気になるし、
ボリュームも気になる。

でも、
くせを活かす感じも少し違う。

と、
すごく複雑な部分で
悩まれていました。

でも、この

うねりは伸ばしストレートにしたい
ふんわりとしたボリューム感

両極端なお悩みに見えますが
解決策は簡単で、

くせは伸ばすけど、
自然なボリューム感は
キープして違和感ないようにする。

たったこれだけなんですよね。

そんな訳で、
理想のヘアスタイルを
手に入れたのりこさんは、

今では、
毛先はデジタルパーマなんかで
楽しまれています。

今日は
梅雨時季にむけて、

縮毛矯正のリタッチで
メンテナンスです。

After

もちろん
ノンブロー、ノンアイロンで
仕上がりがこちら。
↓↓

長さが伸びて崩れていた
シルエットもリカバリー。
縮毛矯正していてもふんわりなボブ。

今回はトップの毛を切り込んで、
シルエットを調節。

縮毛矯正していると、
途中で短く切ったりすると
パッツンパッツンの、

金太郎ヘアみたいになりがちですが、

髪本来の丸みを潰さないような
縮毛矯正だと、
意外と自由自在なんですよね。

縮毛矯正は、
いわゆる髪の美容整形。

大きなメリットをもたらしますが、

真っ直ぐなりすぎる。
ダメージが大きい。

そんなデメリットを経験した人は
けっこう敬遠しがちですよね。

でも、

技術者によっては、
自然な仕上がりにもできますし
ダメージを最小限にもできます。

自分の髪に納得せずに過ごすより、

なりたい自分になって、
素敵な日々を過ごしましょう。

縮毛矯正関連リンク

その他縮毛矯正記事はこちらへ。
あなたにぴったりな
ヘアスタイルが見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-縮毛矯正

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5