くせ毛カット

【京都 四条烏丸】美髪推し美容師の全体フルカラーはこう「まりこさん」の髪

髪へのダメージを最小限に、
傷みを極力抑えるためには

根元のみのリタッチを繰り返す。

これが美髪への1番の近道です。

でも、
毛先が退色していて気になったり
明るくなった部分はどうしますか?

特に、年末年始にかけて
人に会う機会が多くなる
この時期は悩みの種の1つですよね。

この解決策の1つが
ハナヘナを使った髪質改善ですが、

もう1つの方法を今回はご紹介。

キレイな質と色で
素敵な1年の締めくくりにしましょう。

本日のゲスト

ブログからご来店頂いている
「まりこさん」

基本的には
根元のみのリタッチカラー
繰り返してこられたのですが、

元々のダメージ部分や
5月にあてたパーマでの
毛先の退色が目立ってきている状態。

無駄なダメージを
極力避けてきたので、

髪の体力、質はとても高いのですが、
この「色」に関してが
今回の悩みどころです。

まぁ簡単にいうと、
毛先までカラーリングして
色を合わせてしまえば

一時の解決にはすぐなるのですが、

年単位、今後のダメージ等を
考慮していくと、

なるべくダメージが高くなるのは
抑えたいんですよね。

そんな時に役立つのが
「トナー」
と呼ばれるもの。

健康な黒い髪には効果がないのですが
一般的なカラーリングと比べ
低ダメージになるのが特徴で、

「色味のみを補充する」
そんな場面で活躍します。

が、しかし
低ダメージゆえに
色落ちが早いのも特徴なんですよね。

そこで、
少し工夫を施して

トナー+αの施術で
今回はカラーリングしていきます。

After

もちろん
ノンブロー、ノンアイロンで
仕上がりがこちら。
↓↓

抜群のツヤと透明感で
髪色のリカバリー。
上品な艶髪に変身です。

実は、
このトナーって
だいぶ昔からあるんですよね。

僕もアシスタントの時に
よく触っていたのですが、

その時は、
色落ちの早さや発色が気に入らず
疎遠になっていました。

でも、
改めて色々と勉強し直してみると
意外な優れものになりました。

要は、
なんでも使い手次第なんですよね。

美髪推し美容師のフルカラーは
こんな感じ。

せっかく染めるなら
デザインだけじゃなくて
髪の質そのものも高くいきましょうね。

くせ毛の教科書

専門特化美容師の書く
くせ毛の悩むを読んで解決するコラム
こちらからご覧ください。
↓↓
【くせ毛の教科書】

執筆するにあたっての想いも
合わせてお読みください
↓↓
くせ毛の教科書の事

髪質改善関連リンク

その他髪質改善記事はこちらへ。
あなたの悩みと
同じ記事が見つかるかも。
↓↓

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-くせ毛カット

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5