くせ毛カット

【髪質改善】扱えないかかりすぎたパーマを落ち着かす質感リメイクなパーマ落とし「しほさん」の髪

パーマのかかりすぎた問題。

意外と多いのではないでしょうか?

特に、
くせ毛さんなんかは
パーマがかかりやすい人が多く

思っていたのと全然違う。
なんて事になるパターンが
非常に多発しているんですよね。

そうなった時に1つの手として、
パーマ落としが存在するのですが、

この時にストレートパーマの薬を
使用するのが一般的なため、
これまた事故になりやすいんですよね。

どんどん負のループに
落ちていってしまうこの問題。

1つの解決策として、
こんな方法もあります。

本日のゲスト

ブログからのご来店
「しほさん」

バサバサとまとまりと艶がなく、
もしかしたら、
ハイダメージのビビリ毛なのでは?

と思い、
ご相談に来られました。

結果、ビビリ毛ではなかったのですが

事の成り行きは、

パーマ→あまりかからず。
→再度パーマ→バサバサに。

といった感じ。

何年か前に、
縮毛矯正の経験があり、

髪の長さから、

毛先に履歴が残っている可能性もあり
その事から1度目はかからなかった
というのが考えられ、

かからなかったのが、
単純に薬が弱かったから
錯覚してしまい、

そこから2度目のパーマは
強めの薬で施術したため
バサバサになってしまった。

というのが考えられますね。

ほんと、
矯正毛へのパーマって難しいですし、

髪の施術履歴って、
思っている以上に大切で
施術を大きく左右するんですよね。

そんな訳で
リカバリーをしていくのですが、

しほさんは、
本音を言うと
ストレートにしたい訳ではなく、

扱えないから落としたい。
という事と、

その後にフルカラーの履歴もあり、
普通にパーマ落としをするには
リスクが大きく感じたため、

今回は、
ジゼルトリートメントのアレンジで
パーマをゆるめながら、

荒れた質感をリメイクしていきます。

After

もちろん
ノンブロー、ノンアイロンで
仕上がりがこちら。
↓↓

髪の中間部分からの広がりが収まり
カールやウェーブがあってもちゃんと
ヘアスタイルとして成り立つように。

とはいっても、

まだこれは表面上の問題を
解決しただけに過ぎず、

2度のパーマによるダメージで、

スカスカになった髪内部も
これから本格的に補強し
安定した状態にしていきます。

パーマ落としって
すごく簡単そうなんですけど、

表面の形状的な問題と
内部のダメージ問題が重なった
複雑な案件なんですよね。

パーマを落としたり、ゆるめて、
はい終わりなんてものなんかではなく
その後がとても大事なんですよ。

ここからコツコツと、
確実に美髪に
近づけていきましょうね。

髪質改善関連リンク

その他髪質改善記事はこちらへ。
あなたの悩みと
同じ記事が見つかるかも。
↓↓

【髪質改善】結婚式に向けて髪も。パサつく悩みを根絶して美髪を目指す「くみこさん」の髪

結婚式。 人生に1度の晴れの日ですよね。 この日に向けて、 ブライダルエステに通う方も とても多いですが、 身体同様、 髪もとても大事なポイント。 「美しい姿」とは、 ドレス、身体。 そして髪まで。 ...

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

-くせ毛カット

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5