縮毛矯正

【ここを見るべし】ストレートパーマの繰り返しでバシバシになる人は種類じゃなくて手法をチェック

弱酸性縮毛矯正や〇〇ストレート
ネットで調べれば
今はいろんな縮毛矯正を見ますよね。

そんな美髪ブーム
矯正全盛期な世の中ですが
こんな話もよく聞くのです

 

はじめて縮毛矯正をあてた時は生まれ変わったみたいですごく感動したけれど、1年2年と繰り返しいく事に、なんだか毛先の色も抜けてバシバシとした髪になってるような気が…

 

あなたもそんな経験ありますか?

周りからも
前より褒められなくなってきて
自分なりに色々調べてみるものの

 

結局いつもの繰り返しだなぁ

 

いわゆる矯正ジプシーになってしまう

なかなか難解なお悩みですが
今日はこの悩みを断つコツのお話です。

 

 

毛先ダメージを増やさないためには

要はリタッチですね。

前回施術した部分ではなく
新しく生えてきた地毛部分のみ
施術していく方法。

これならば

毛先にダメージを与える事なく
美しい状態を維持したまま
悩みの部分をメンテナンスできます。

実は縮毛矯正はこれが
基本中の基本なんですよね。

その理由は

縮毛矯正をあてた部分は
半永久的にストレートだから

前回あてた部分は
元々ストレート形状になっていますし

再び薬剤をつけて施術する意味は
特にないのです。

ただ単にダメージが増すだけで
基本、得られるメリットはほぼない
と言い切れるほど。

数年後の髪のコンディションは
意外とこういったところで
大きく変わってきます。

 

弱酸性縮毛矯正など種類だけで選んではダメ

気になるとは思うのですが
あまり縮毛矯正の種類に拘るのも
得策ではありません

弱酸性だからダメージレス
特殊な薬剤ダメージも最低限

なんて謳い文句をよく見ますよね。

確かに

薬剤だけを見れば
従来のアルカリ薬剤よりも
負担は少ないです

 

じゃあ酸性の方がいいんじゃない?

 

って、なると思うのですが

縮毛矯正の仕組みを
ザッと説明すると

薬剤パワー:物理パワー(アイロン熱など)

になります。

これを
アルカリ性弱酸性それぞれにあてると

  • アルカリ性→薬剤8:物理2
  • 弱酸性→薬剤4:物理6

みたいな感じで
最終的に足して10は変わらず
髪への負荷は同じという事です。

本来は
髪質によって美容師側が
使い分ける部分。

つまり

縮毛矯正の種類っていうのは
実はそんなに関係なくて

それよりも
手法や施術者の技量の方
大きく影響してくるという事ですね。

 

リタッチだけでキレイになるの?

では実際に

7ヶ月前初めて縮毛矯正されたお客様
根本8センチほどが新生部です。

僕も縮毛矯正は
1度全頭あてた後は
基本リタッチなので

今回は新生部のみ縮毛矯正
中性領域で施術します。

 

結果とまとめ

ハンドブローで乾かした段階がこちら

毛先のみ
アイロンでワンカールいれて
仕上がり

前回施術部分と今回部分とが
キレイに繋がって
ノンストレスな髪に戻りました。

で、今回のお話だった

 

縮毛矯正を続けると毛先はバシバシになるんじゃないの?

 

って部分はこちら

しっかりと艶感があって
劣化も感じないですよね。

このように
くせの悩みを解決しながらも

毛先のコンディションを落とさず
常にキープし続けるって事は
実際に可能です。

次また半年後にリタッチ
その次にまたリタッチ

基本を積み重ねるだけ
半永久的な美髪をつくられます。

もし今あなたに

今回のお話のようなお悩みがあれば
種類に拘らずリタッチに拘る
って考え方も1度いかがでしょうか?

 

お問い合わせ

ご予約お問い合わせはこちらから
▶︎【ご予約とご相談】

LINEでもご予約受付中です!
友だち追加

 

-縮毛矯正
-

© 2021 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5