ブログ

専門性を棄てる?人の悩みを解決するのに必須な事

ども♪

美髪マイスター 関口恭章です♪

 

 

ナラティブアプローチってやつ

 

実際にお会いした事がある方は

なんとなく分かるかもしれませんが、

 

僕、

お話の中であんまり専門用語って

使わないんですよね。

 

必要な時は使いますが(笑)

 

「ここにレイヤーがあって」

とか、

 

「この成分が何ちゃらで~」

とかって、

 

美容師しか分からない単語って

極力使わないですよ。

 

その代わりに

例え話をしてみたりとか、

 

これがこうだから、

こうなってこんな悩みなんですよね。

って時には、

 

専門性を棄てて、同じ目線で

お話を伺うようにしています。

 

これが何でかと言うと、

 

専門性を強くお話してしまうと、

ズレが生じる訳です。

 

そうなると、

 

会話の内容に

「力の差がある」と感じて

 

本音で悩みを打ち明けて

もらえないように

なってしまうのです。

 

そうなってしまうと、

 

無理なアドバイスに

なってしまったり、

 

悩みがさらに深くなり

「私がダメなんだ」と

感じてしまう訳です。

 

 

あなたは経験がありませんか?

 

加齢による髪のダメージについて

深刻に悩んでいて、打ち明けたのに、

 

専門用語をまくしたてられて、

最終的には

「自分の手入れが悪かったんだ」

 

なんて事。

 

 

本来、

この悩みを解決したくて

アドバイスを受けに行っているのに、

 

逆に、

悩みが深くなってしまい

解決もしない。

 

 

せっかく

僕を頼ってご来店頂く訳ですから、

 

そんな想いをさせたくないなと

日々、感じています。

 

その結果、

「専門性を棄てる」

という考えになったのです♪

 

 

まだまだ僕も浅いのですが、

 

ナラティブアプローチ的考え

なんてものです♪

 

色々とお仕事にも

応用が効くものなので、

 

今、難しい現状に置かれている方は、

1度調べてみても損はないですよ♪

 

 

今日はこんな感じー♪ではでは♪

 

 

全国ランキング参加中♪

ポチッとクリックで、

応援お願い致します♪

↓↓

 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

-ブログ

© 2022 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ Powered by AFFINGER5