京都 くせ毛と縮毛矯正専門特化美容師 関口恭章のブログ

ブログ

スーパーの自動レジから見る「好きを仕事にしないといけない理由」

投稿日:

先ほどのお客様と
ちょうどお話していた内容。

最近は、
スーパーのレジなんかも
自動で出来るとこが増えましたよね。

何年か前には
想像も出来なかった事。

そう感じている間に
どんどん自動化できる仕事は
全てAIになっていくんでしょうね。

美容師の仕事も
「この職業は大丈夫」なんて

悠長に構える人も
どんどん減ってくるでしょう。

そんな中、

自動レジの横で
1つの手動レジに
列が出来ていたりします。

たまにスーパーでも
そんな光景をみかけますよね。

これって何なんでしょうか。

そんなお話をしていたのですが、

この答えは
「その人だから」
なんですよね。

自動でもいいんだけど、
やっぱり「あの人」だからいい。
そういう事。

テキパキしてくれるから。
細やかに対応してくれるから。
話すと安心するから。

そんな理由から
列が出来るんでしょうね。

でも、
その一方で

レジの仕事から
外された人も当然いるわけです。

AI化されるという事は
そういう意味ですからね。

この両者の違いは
何だと思いますか?

このお話の結末は

「その人が人と接する事が
好きだったからじゃない?」

という事になりました。

外された人は、
仕事が出来ないとか
そんな単純な理由ではなく、

そもそも
人と接したり、レジ打ちという仕事が
嫌いだったのですよ。

嫌いな事をやっていても当然
上手くなる事もなく、

それならば、
他に能力を発揮できる分野に
まわる方が良い結果になります。

店がボロくてそこまで美味しい訳でもない
でも毎日、満員になっている
おじちゃんが1人で営業している店。

これもいわゆる

そのおじちゃんが
人と話したり、料理を作るのが
好きだから。

「好きを仕事にする」

AI化が進んでいく世界で
生き残るのはこれが出来る人。

仕事を好きになるんじゃなくて、
好きを形にし、仕事にする。

ひと昔前は
こんな事を言うと

「考えが甘い」
とか
「世間知らず」

なんて言われましたが、
今の現実はこうなんですよね。

ありえないと思っていた事が
すぐに現実になる世界だからこそ

その流れに置いていかれないように
のっていけないとね。

なんて話を
延々と縮毛矯正の間に
お話していました(笑)

くせ毛の教科書

専門特化美容師の書く
くせ毛の悩むを読んで解決するコラム
こちらからご覧ください。
↓↓
【くせ毛の教科書】

執筆するにあたっての想いも
合わせてお読みください
↓↓
くせ毛の教科書の事

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

関口 恭章

くせ毛とダメージ毛に専門特化した技術と知識で、関西全域に顧客を持つ京都の『美髪マイスター』。「くせ毛を活かすカット」と「自然な縮毛矯正」そして、1人1人の髪に合わせたヘアプラン「髪質改善」で髪に悩みを持つ大人女性から圧倒的な支持を得ています。お客様の『専属美容師』として髪の「悩み」を「魅力」に変え、素敵な人生を送るお手伝いをさせて頂きます。

【メディア情報】
読んでくせ毛の悩みを解決する
「くせ毛の教科書」販売中
くせ毛の教科書

【お問い合わせ】

ご予約メニューアクセス

【店舗情報】

○Realme by Sy

○〒604-8221
京都市中京区錦小路室町西入天神山町277 K-an 3F

○営業時間

9:00~21:00
(各メニューの最終受付は、お気軽にお問い合わせ下さい)

完全予約制

○定休日

毎週月曜日

あなたの専属美容師として、
お力になれる日を
楽しみにしております♪

-ブログ

Copyright© 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.