京都 くせ毛と縮毛矯正専門特化美容師 関口恭章のブログ

ブログ

突然即日解雇になった友人を見て思う生きにくい時代を生き抜くのに必要な力とは

投稿日:

先日、友人の美容師から
「クビになった」
と、突然の連絡が。

勉強熱心な子で
なんでまた?と思ったのですが、

理由を聞いてみると、
店の方針と合わない。
という感じだったみたい。

理想を求め探求するほど

現実ってけっこう残酷で。

美容という仕事が好きで、
理想を求め、探求すればするほど
個人としては高まっていきます。

自分を頼ってくれる人を
幸せにしたい。

そう想い勉強するものの、

その磨いた知識やスキルが
所属する場に合わなければ
こういった事にもなるんだなと。

この子の場合も

「自分のしてる事が、
全部間違っているみたいで
一緒に働くのは無理」

とオーナーから言われたそう。

僕は内部の人間ではないので
何とも言えませんが、

お客様を幸せにしたい。

その想いや探求心が、
逆に店や周りとの
溝になっていたんですよね。

特に、
ヘアケア特化の美容師さんは
分かるんじゃないかなと。

今やSNSの時代。
自身で思っているよりも
流れが早く、

探そうと思えば
ある程度までの深い情報も
誰でも得る事ができますよね。

そんな中、
経営者としてもプレイヤーとしても
変化を恐れるのは、

僕はどうかなと思いますけどね。

お客様の方が、
髪について詳しい。

なんてなったら
存在価値すらないのですから。

風邪ひいて出された薬に
「あ、こっちの薬の方がいいですよ」
なんて患者さんに言われる医者。

それと同じ事。

まぁでも、

出る杭は打たれる。

自分の理想を追及するほど
生きにくい時代なんですよね。

個人で最強になればいい

そんな世の中でも、

自分の理想を貫いて、
好きを具現化して
生きていくには、

どうすればいいと思いますか?

僕は、

個人としての力を持てばいい。
と思います。

よく言われる事ですが、
出過ぎた杭は打たれないですからね。

そしてその力。

これは技術がうまいとか
そういう単純なものではなく、

影響力を持つという事。

こう書くとなんか大げさに見えますが

この影響力を掘り下げると
「認知してもらう」
という事ですよね。

どんだけ技術がうまくても、
どんだけ髪に詳しくても、
どんだけ愛想が良くても、

知られなければ
存在していないのと一緒。

だから、
自ら発信して
認知してもらう努力が必要なのです。

そして、
この情報過多の世の中で
普通に発信していても、

ただ埋もれてしまうだけですよね。

そこで、

埋もれないような
切り開ける自分だけの武器。
1つこれというものを持つ。

この武器を磨きながら、
自分というものを知ってもらうため
発信していき認知してもらう。

その数が増えてくれば、
影響力も高まります。

そうすれば、
打たれる事もないですよね。

そこからまた、

同じような人で集まれば
それこそ強い組織にも
なっていけますしね。

美容師さんのオンラインサロンとか
まさにそれですよね。

ぶれない強い想い
そしてそれを貫くための
個人としての力。

今の世の中、
組織に守られていると思っていても
絶対とは限らず、

個人として動くとしても
力が必要になってきます。

今1度、
その辺を見直す時なのかも
しれませんね。

ちなみに、

その友人は、

少しフォローしましたが
徐々にいい方向へ
向かっているみたい。

ここからまた
上がっていこうな。

お問い合わせ

☆ご予約、ご相談はこちらから☆
↓↓
【ご予約とご相談】

☆LINEでもご予約受付中☆
↓↓
友だち追加

関口 恭章

くせ毛とダメージ毛に専門特化した技術と知識で、関西全域に顧客を持つ京都の『美髪マイスター』。「くせ毛を活かすカット」と「自然な縮毛矯正」そして、1人1人の髪に合わせたヘアプラン「髪質改善」で髪に悩みを持つ大人女性から圧倒的な支持を得ています。お客様の『専属美容師』として髪の「悩み」を「魅力」に変え、素敵な人生を送るお手伝いをさせて頂きます。

【メディア情報】
読んでくせ毛の悩みを解決する
「くせ毛の教科書」販売中
くせ毛の教科書

【お問い合わせ】

ご予約メニューアクセス

【店舗情報】

○Realme by Sy

○〒604-8221
京都市中京区錦小路室町西入天神山町277 K-an 3F

○営業時間

9:00~21:00
(各メニューの最終受付は、お気軽にお問い合わせ下さい)

完全予約制

○定休日

毎週月曜日

あなたの専属美容師として、
お力になれる日を
楽しみにしております♪

-ブログ

Copyright© 京都四条烏丸 くせ毛と縮毛矯正に専門特化した美容師 関口恭章のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.